​ピースフォーアース2020川崎 アーカイブ

3/2-8 @JR川崎駅東口駅前広場

人を集めない

道ゆく人に「気付いてもらう」

新しいイベントスタイルを実施

1週間で述べ20万人以上の人に

気候危機・SDGsをPR

■概要:市民を対象に、SDGsに気付いてもらう啓発企画

通常、環境などの啓発系の催しは、集客し関心のある人で集まり理解を深めるが、今回は「全く関心のない人に”気付いて”もらう」という切り口で臨んだ。本レポートは、写真、アンケートの結果を分析することで効果や意味合い、結果を考察する資料である。


主 催:特定非営利活動法人フォーエヴァーグリーン

運 営:2020川崎ピースフォーアース実行委員会

協 力:株式会社近畿日本ツーリスト首都圏、株式会社パル・コーポレーション、株式会社アドヤン、合同会社INARI、パフォーマンスユニットBee's KneeS、他

後 援:川崎市、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、川崎商工会議所

参 加:フォーエヴァーグリーン会員(個人、企業)、地域団体、市民、内閣府、神奈川県、パラレルキャリア推進委員会、川崎JCCCA、ミスアースなど、企業(社会公共性の高い事業(SDGs/CSR)のPRに限りSDGs案件として協賛参加)

対 象:通行人(市民、会社員、主婦、学生など)※通行量一週間で延べ約20万人

日 時:2020年3月2日(月)~8日(日)

場 所:JR川崎東口駅前歩道

目 的:SDGsに関する気付きを与える


■達成度:70% ほぼ予定通りに開催 ※一部、コロナウイルス等の影響で規模を縮小

1)コロナウイルスに配慮し極限まで規模縮小。川崎市健康福祉局感染症対策課に確認し、7日(土)201件のアンケートを取得。8日(日)天候不順の為、午後14時早期終了。

2)世界の危機的状況の説明などは控え、あえて環境やSDGs、エシカルとも言わず、未来についての活動と伝えるために「ムカシバナシがアタラシイ」「ワタシがたのしむ、チキュウがヨロコブ」といった、キャッチコピーを作成するなど。様々な案に挑戦。

3)アンケートで「インパクト、意図、面白かったか、支援者について、イメージ理解」を確認したところ、非常に興味深い結果を確認することができた。


■動画はこちらからチェック!

 

First message

難しい話はやめます

GNP1.png
和歌・禅.png
動・着物.png
茶道.png
神奈川1.png
食.png
気候非常自体宣言.png
パラキャリ1.png
スクリーンショット 2020-03-13 17.14.20.png
ナゾナゾ.png
オーブ.png
キミだ!.png
 
 
198866318_296463098875089_49654388353862